FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禅の集いからのお知らせ

夏休みにおこなわれました、本荘由利地域の若手僧侶による子供坐禅会
『緑陰 禅の集い』のフォトアルバムをようやく更新できました。

別ホームページになりますが、ご覧頂ければ幸いです。
来年は、もっとたくさんの子供達に集まって頂きたいです。
気を引き締めて、私、カレーを作ります。


http://yurikensankai.web.fc2.com/

「禅の集い」ホームページ管理人:土屋泰順
スポンサーサイト

番外編 八朔祭り

暑くなったり、涼しくなったりと、落ち着かない天気が続いております。
それでも、あちらこちらの田んぼの稲は静かに頭を垂れ、町を少しずつ彩り始めました。
この時期の矢島町が、一番綺麗だと思います

そんな初秋、9月の頭。
矢島町では、『八朔祭り』が盛大に執り行われました。
旧矢島藩主生駒公、そして神明社に豊作を報告する祭りとされ、町中を神輿と山車が練り歩く様は実に厳かです。
私も菩提寺代表として、宵宮には神明社に参拝致しました。



神明社へと続く、水上の通り。
各家々の軒先には家門入りの提灯が下がり、御神輿をお迎えします。




また、神様の通り道ということで、家々にはこうした神棚も組まれます。
毎年欠かさず飾られる神棚は、どの家も立派で思わず手を合わせてしまうのです。



夜、通りに各町内の若者衆がやってきます。


町を練り歩く矢島町若者衆。
笛と太鼓と、子供達のかけ声と。神明社へ続く、大行進の始まりです。



普段は夜に沈む町も、この日は眩しい光で充ち満ちて・・・。


ゆらゆら揺れる提灯は、昼間眺めた稲のよう。



一番後ろにくっついて、ようやくたどり着く神明社。
中では祭祀が厳かに執り行われおります。
が、人が多くてあまり見えませんでした・・・、残念。



翌日、本堂向拝に飾られた神棚。なぜかと言うと・・・。



生駒公にお見せしようと、山車と踊り子達が山門前までやってくるのです!






各町内の魂こもった舞。歴代の藩主様もきっと毎年楽しみにしておいででしょう。
今年は少々、雨に当たられてしまいましたが、これもまた稲への恵みと感謝感謝。
さぁ、恵みの秋です。
今年も、お米の綺麗な矢島でありますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。