FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しさかのぼって、稲。

スキー場はもう真っ白で、天気予報でも雪だるまが見え隠れ。
日に日に寒くなりますが、少し寒さが和らぐ写真をアップしようかと思います。
一年の内、秋の間しかできない趣味、田園撮影。
いいですよね~、この風景。
何年たっても、やめられません。


鳥海町は平根。ちょうど鳥海中の通りから大きく曲がるカーブの所。
ススキとのマッチングがいいでしょう?


あぜ道に入って一枚。思ったよりもぬかるんでいて、サンダルで来た事を後悔・・・。


平根から川向こうへカメラを向けて一枚。


実るほど、頭を垂れる稲穂かな。
身につまされます。



場所は変わって矢島。
田んぼを探して歩いていたら、草の中から視線が・・・あ、いた。



これは針ヶ岡。旧中学校舎側の野球場裏から、山道を登っていくのがいいのです。
ただし、服はかなり汚れます。



左側の雲が鯉の腹に見えましたので、一枚。
池の底から空を見上げたらこんな感じなのかなぁと。



大草原の小さな家、ではなく、実は浄水場なのです。
これも農耕用の道路から。



タイミングを見誤ると、もう稲刈りが始まってしまって写真に撮れない、なんてこともあるので
本当に短い間しか探せない景色。
でも、刈り取った後の田んぼも土が黄金色なんですよね、来年はそっちも撮ってみたいものです。
スポンサーサイト

矢島初雪困ったな

10月末に、鳥海山が帽子を被りました。
そうです、真っ白で綺麗な帽子です。
寒くなったなぁと思っていたら、この11月。
ついに来ました、初雪です。
あっという間に、過ぎ去ったはずの冬がまた。
季節は巡るものですが、自分自身はどうだろう?
積もる雪に、そんなことを考えます。
と、言うわけで、わずか二日ばかりで雪化粧となりました境内の様子を
ご紹介致します。


うっすら積もった雪。まだ少しみぞれ風でしょうか?




池の水面にも、雪が乗っています。
雪が重くない、この頃にしか見られないかもしれません



本堂の屋根も寒そうな・・・。


いずれ雪に埋もれる中庭。
島の松の木ただ一人。降りしきる雪に両手広げて仰ぎ見る。



雪の中でも冬囲いは進められます。
最早職人技、私の出る幕などありませぬ・・・。



応接間から見た裏庭。
ようやく色づいてきたと思ったら・・・。
しかし、このコントラストも風流か。




踏めば弾ける、融けかけのような初雪。
初雪は、消えるからこそ、降るのです。
誰が言ったかしれないけれど、だからこその風景なのでしょうね。


近々、季節が前後しますが、秋の写真も公開致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。