FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりました、萬燈会の御報告です

今回、動画もアップしてみようかと試行錯誤しましたが、結局断念することにいたしました。
結果として、随分と更新が遅れてしまいましたが、去る5月24日に行われました

『境内祭り 萬燈会』

無事に終了いたしました。
天気が心配でしたが、何とか法要中はもってくれたようで。
本堂正面から風が吹き抜けるものの、ロウソクの火は消えずにゆらりゆらりと堂内を照らしてくれました。


萬燈を点す梅花講の方々。
これから一気に堂内が照らし出されていきます。



ロウソクが点され、いよいよ萬燈会の始まりです。


住職として初めての萬燈会導師。
随喜の御寺院さまや由利研鑽会(若手僧侶研修会)の皆様に支えられて何とか勤める事が出来ました。

       



龍源寺観音講の方々や、お参りの方々。
檀信徒、檀信徒外関係なくお参り頂き、萬燈に照らされる法要を見守ります。



堂内の法要が終われば向拝前にて経木塔婆焼却供養が行われます。
この火には諸災消除、延命長寿の利益があるとされているそうです。
思うに、人の祈りを込めた塔婆を燃やす火が自然とその人を映し出し、向きあう方々の心持ちをそうした
                                          御縁や命というものに回らしてくれるのではないかと。

       



法要後は再び本堂にて、永泉寺副住職猪股尚典師による法話を頂きました。
急な御願いにも拘わらずお受けして頂き、誠に有り難う御座いました。



前述した通り、住職として初めての萬燈会。
中央に座り、改めてロウソクの火を前にして香語を唱えると、緊張感と空気の心地よさと、色々と不思議な感覚がありました。
これからも是非多くの方にお参り頂き、この祈りの場に参加して頂きたいと思っております。
皆様、来年も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。