FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回わらべ地蔵彫像会・・・ありがとうございました

      

今年も京都から仏師さんにお越し頂き、第2回わらべ地蔵彫像会を開催致しました。
39名の方に御参加いただきました。
仏師さんの「仏さまを造るのでは無く、仏さまを木の中から彫り出すんです」という言葉の通り、
十人十色、39人の手で39人のお地蔵さまが彫り出されました。
最後の開眼供養は、実は非常に緊張してしまい、あまり覚えておりませんが、
最後の皆さまの楽しそうなお顔はしっかり覚えております。
出来得れば、龍源寺を代表する行事の一つに出来るよう取り組んでいきたいと思っております。
来年も宜しくお願い致します。

  

        

        

左が昨年の、右が今年のお地蔵さんです。
どうやら成長できたようです。
南無地蔵願王菩薩  合掌

スポンサーサイト

お盆も間近となりました

  

8月8日、朝も早くから熱気が境内を包んでおります。
実は明日はお盆前の大煤払いの日となっており、ちょっと風を通そうと本堂を前回にしておりましたら、
写真の見目麗しい蝶々が紛れ込んで参りました。
すぐにいなくなってしまったので、写真を撮れたのは実に幸い!
調べてみますと、恐らく「カラスアゲハ」か「ミヤマカラスアゲハ」のどちらかではないかと・・・。
数年前、法体の滝で水色の綺麗な蝶を見た事がありましたが、黒を基調にした羽模様のこの蝶も実に綺麗です。

お盆も間近となり、矢島は毎日35度を超える猛暑日が続いております。
しかし、山側から吹いてくる風は木々の涼しさを含んで心地よく堂内に入ってきてくれます。
恐らく、写真の竹林や林がそうした風を生んでくれているのでしょう。


熱気、日差しは強くとも、沢の周りでは花がしっかりと色づいてくれております。
さすが水辺の紫陽花は8月になっても御覧の鮮やかさ。
  

見上げれば、秋に向かって栗が膨らみ始めております。
今年はもしかしたら豊作なのかも・・・?


ちなみに、今日の猫は本堂の日陰でごろごろしております。


近づいている台風の影響で多少気温は下がる、と言われておりますが、皆様もお盆前に体調など崩さぬよう呉々も御自愛下さい。
お盆のお参り、お待ち申し上げております。

梅雨がようやく明けました



東北でもようやく梅雨明けとなりました。
今年は雨が少ないような気がしましたが、境内を縦に切る沢の流れは今年は今のところ枯れてはおりません。
お陰で沢辺に咲く紫陽花も、枯れるのを免れ今も鮮やかな色で境内を飾っております。
感謝感謝。


  


とは言え、最近は突発的に雨が降る事も増えて参りました。
先日、鳥海町のお墓へお参りに行った際には、読経中に山向こうの雲がギラッと光るのが見え、
帰りの道中恐ろしい程の土砂降りに遭うということがありました。
晴れには晴れの、雨には雨の良さがありますが、何よりも良い事は晴れは晴れで、雨は雨で落ち着く事かなと思います。


湿気の心配が無いときはこうして本堂を開け放ちます。
本堂廊下側からこうして見る庭は、きっと昔も同じなのだろうと感じさせてくれます。

   


蛇足ですが、現在龍源寺の境内には一匹の猫が徘徊しております。
庫裡建替前から住み着き、面倒を見ては居りますが野性味溢れる元野良です。
あらゆる場所で寝ておりますので、境内へ散策へお越しの際は是非探してみて下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。